あずまんの日記

個人的な感想や意見なのであしからず

その日暮らし

2020年9月6日のWALK INN TV!による配信、見てくださった皆様、そして協力してくださった安田映像研究所とキャパルボのスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

 

私は今日の配信を1人で家を真っ暗にして見てたのですが、スタッフとしてというより、昔の3人と仲良くなる前の自分と一緒に見てるような感覚でした。

 

f:id:kachokoo0130:20200906230121j:image

 

実を言うと、昔私はその日暮らしが嫌いでした。

18歳のときに対バンした清大さんと初めてお会いして、第一印象が

「なんじゃこいつ、怖。」

だったからです。

 

それから私はバンドを辞めて、でもライブを見に行く機会は度々あって。

そういうときその日暮らしが出ていると、私はSRのホールの入口付近、もっと言うとPA卓に入るところの横らへんでブスっとして見てました。

その度に毎回、

「クソが」

と思い、当時はホール内で煙草が吸えたから、沢山沢山吸いながら見てました。

でもそのイラつきの原因は、その日暮らしが毎回カッコいいライブをしていたからでした。

嫌いな人がカッコいいライブするのって、ムカつくじゃないですか。

私は当時、尖り散らしてたのです。

 

でも機会があってちゃんと清大さんとお話してから、それまでのことが嘘かのように彼に、彼らに惹かれていきました。

 

緋ちゃんはアホだし、世間知らずの私より世間知らずだなと思うことはあるけど、憎めない可愛らしさがあって、努力家です。

太珠は彼なりの理想像みたいなものがあって、それを信じてまっすぐ動いていて、すごく素敵だなと思います。そして頼りがいもあります。

清大さんは似ているところが多すぎて、私自身を愛すように愛し、嫌うように嫌ってしまいます。でも彼と出会って彼を愛するようになってから、自分のことも愛せるようになってきて、とても楽しいです。

 

そんな3人がいつも同じ先を見つめて、お互い目線を交わしながら、喧嘩もいっぱいするけど心の奥の深いところでキツく手を握りあってるみたいなライブをするのが、私はたまらなく愛おしいと今は思います。

 

 

今日はあの尖り散らしてた18歳の私が、暗い部屋の隅っこでブスっとしながら一緒に見てたように感じました。

やっぱり18歳の私はずっと不機嫌で、ガンを飛ばすように見ていました。

でも清大さんがMCで

「楽しいね、」

とはにかんだとき、すごくすごく涙が出ました。きっとこの涙は18歳の私の涙だなと思いました。

素直じゃなくて、尖ってるのがカッコいいと思ってて、なんも楽しくねえよバカってずっと思ってた私が、素直になれた瞬間でした。

 

ライブって、いくつになっても、どこにいても、誰といても、ずっとずっと楽しいものなんだなって素直に思うことができました。

 

清大さん、太珠、緋ちゃん、ありがとう。

これからもよろしくお願いします。

 

f:id:kachokoo0130:20200906230517j:image