あずまんの日記

個人的な感想や意見なのであしからず

最近の私うるさいよな

 

近頃気絶したように眠り、何かに駆られたように起きる毎日が続いている。

病院の先生の処方箋いわく、躁状態になっているらしいのだ。

躁とは鬱の対局で、テンションの上がり下がりが激しすぎる状態に私はいる。

 

ここでの不安はイベントのことで予定を詰めすぎていることで、最近よく

「イベントの打ち合わせ、行けないほどの落ち込みがそのとき来たらどうしよう。」

とばかり考えている。

全然そんなこと考えても意味が無いのに。

 

そんな不安を抱えながら、強い眠剤を飲み、泥のように眠り、そうかと思えば夜中にすっと起きて、あれやこれやと計画や活動を始めるのだ。

こうしてる間に、篤史くんがいびきをかいて寝ているのを見ると、ひっぱたきたくなるほど憎くてたまらなくなることもある。

 

みなが布団から出れないよ〜と嘆く中、「布団にいつまでも入っていたい」と嘆く。

一見同じ、本質が全く違う。

眠れない、寝たい、眠くならない、寝たい

動き回りたい、寝たい、活動しなきゃ、寝たい

そんなことを考えている内に体重がみるみる落ち(6月だけで4kgも落ちた)、でも笑いながらべらべらと喋り一日が終わる。

 

イベントについても、自分的にはナイスアイデア!最高だぜ!と発表し、計画もさらけ出しているが、

どうしても反応が薄く、それは私がうるさいからだな、と帰因してみるも

「本当は変なアイデアなんじゃないか?」

躁状態の無敵感によるものなだけだろ」

「みんな気を使ってるんだ」

と囁く自分がいて、でも涙も出ないしへらへらとしている。

 

打ち合わせ、という名のお茶会は10・15日にあるが、そこではみんな本音で語り合おう。語り合いましょう。

そうしなければ、私が不安なんです。

お茶会をしてから出演を決めてほしい。

 

しかしまあ、こんな不安を抱えつつもイベントはやる。やらねばならぬ。

今最も出てほしい3人に声をかけ、2人に声をかけようとしている。

この人たちなら私のやりたいことを受け止めてくれるはずだ、と感じる5人だ。

しかし欲を言えばあと2人に出てほしい。

もし、興味を持ってくれている人がいたなら、7月中に会ってお茶しよう。

そこであなたの美しい話と、私の思う美しさの話をしたい。

その擦り合わせができるとお互いが感じれた時、出演を決めてほしい。

待っています。