あずまんの日記

個人的な感想や意見なのであしからず

学問について

 

昨日、元気がないなりに元気だったので外出し、好きなものを買い漁り、素敵な絵を見、素敵な人たちと会話をした。

その会話の文脈で私の苦手な人(以前ブログにも書いた)が出てきて「わ!」と思い、帰って心休めようとTwitterを見てたらTLにその人のツイートが回ってきてまた「わ!」となり、

そんなこんなで今日目覚めたら元気がなかった。

 

f:id:kachokoo0130:20180627094515j:image

その時に買った283さん(Twitter @283__________  )のポストカードを、以前篤史くんが買った原画の隣に飾った。

283さんの絵はアクリルだが、油絵のようなタッチで描かれる雰囲気と、胸にチクッと刺さるような題材がとても好き。

みなさんも是非。

 

話は戻るが、

私は現在心理学を勉強していて、卒論を書いている。

学士の卒論なんてテキトーでいいのだろうが、私は心理学が好きなので本気を出して取り組んでいる。

心理学に本気を出して取り組むとなると、心理学の知識に加え社会学統計学、人間進化論や医療などの幅広い知識を持っていなければならない。

また、それがとても楽しい。

 

私はそういう「学ぶのが楽しい!」という瞬間、大切にしていることがある。

それは「論破しようとしない」ことである。

これはどこかの大学の教授がゼミ生に言った言葉で、私はこれを聞いたときにハッとして、己を鑑み身を正そうと思った。

「論破しない」というのは何も「言い負かすな」という意味ではない。

これは「自分の持つ知識を偉そうに振りかざさない」ということである。

私はこの言葉を聞いてから、同じゼミの子と意見交換をする際や、自分の卒論の内容を紹介する時には、できるだけ専門用語を出さないようにしたり、使っても説明を加えるようにしている。

 

意外と「論破しない」というのは難しい。

誰しも自分が何かひとつに精通していると感じると、自ずと自慢げに披露したくなるものだし、偉そうにしたくなるものである。

でもそうした人から学ぶと、意図せずとも"学び"は受動的なものだと受け取られてしまう。

"学び"は能動的なものである。

自分から沢山の知識を様々な角度から得て、自分の意見を持ち、たまには誰かと議論して楽しむものである。

1人から「こうだ!」と言われて皆が頷くようじゃ、"能動的学び"とはいえないと思う。

 

また、何かひとつに精通していると感じて「論破」してしまうと、その他の何かを学ぼうとしなくなる。

例えば私の苦手な人はある時、

「歳を取りたくないと感じるのは、若い人が若い人にしか憧れないからだ。老人にかっこいい人がいないからだ。」

と述べていたことがあるが、私はそうじゃないと思う。

彼は批判的哲学を主としているので、たぶんイマヌエル・カントが好きなのだと見受けるが(追記1:実存主義だったらしい、決めつけてすみませんがそれでも以下の論理は変わりません)、「カント」と言われ浮かぶイメージを思い出してほしい。

おじいちゃんではないか?

彼の3大批判書の最初である「純粋理性批判」を出したのなんて50代後半だし、残っている写真も老けた顔である。

もうこの時点で彼は矛盾している。

 

f:id:kachokoo0130:20180627101637j:image

(カントの比較的若い絵)

 

また、「歳を取りたくない」と感じることは死生観に関する様々な研究で既に論じられている。

死生観とは字のごとく「死や生にまつわる観念」のことだが、研究では老人よりも若い人の方が死を恐れているという結果が多く出ている。

歳をとるということは死に近づくと言うことだ。

若い人が「歳を取りたくない」と思うのは、ただ単に「死に近づきたくない」ということではないのだろうか?

 

さっそく「論破しない」と言って論破してしまったが…

私のこの意見は哲学・心理学・社会学統計学の知識によるものである。

たぶん、彼の意見は哲学によるものだけなのだろうと見受ける(追記2:これも決めつけだったようで、心理学なども独学で勉強しているらしいが、独学ということは主観が混じってる知識ということになると思うので以下の考えも変わりません)。

多くを学ぶことで「批判」は成立するが、彼は現在一般に主となっている考えに逆張りしているだけではなかろうか。

 

私は彼のことが苦手だし、見ないようにすればいいだけの話だが、どうしても見てしまう時がある。

そしてそうなったとき変な気持ちになり凄く落ち込むし、そうなってる人は多々いるだろうと思う。

"彼"というのが誰か分かるように書いているが、これは私の彼に対する批判が届いてほしいからである。

届いた時、彼が「論破しないこと」の本当の意味を分かり、学ぶことの楽しみをしれたらなと思う。

そして私が彼を見るたびに具合が悪くならないようになってほしい。

 

追記3:

お返事が来て修正しましたが、私の意図は伝わってないようでした。

特に「論破しない」ということの意味。学ぶことについては「そういう議論をすること自体が古い」と言われました。

また、「論破できてない」「無礼な人だ」など言われましたが、私の考えも彼と同じく変わりません。

これからは最終手段としてブロックミュートしときます。逆になぜ今までしてなかったんだ。

このブログを読んでふぁぼなどしてくれた人はありがとう。