あずまんの日記

個人的な感想や意見なのであしからず

挫・人間はカウンセリング

 

ブログを書き出す前に、

私はまず謝らなきゃいけないことがある。

最近私に連絡をくれた方々、返事を返さなくて本当にごめん。

 

というのも、現在私はとても落ち込んでいる。

こういう時、私はLINE・電話の着信音が怖いので、なかなか返事が返せない。

元気になったらLINEします。ほんとごめん。

 

そんな私、最近は音楽もまともに聴けない。

先日くるりで精神の安定を図ろうとしたものの、ハイウェイが「爆音の池田亮司」にしか聴こえず発狂し、布団に潜って泣いた。

(池田亮司は最高です)

 

しかし、こんな状態でも聴ける、というより聴かなきゃ頑張れない音楽もある。

それが「挫・人間」である。

挫・人間には中学の頃からある種お世話になっており、落ち込みに悶え苦しむ夜を何度も救ってもらっている。

以前podoのサポートを下川さんがされていた時に対バンした際、ミーハー全開でサインを求めたりした失礼な私に「ありがとう、俺たち友達だよ」と仰ってくれた、超絶優しいお心の持ち主でもある。

 

f:id:kachokoo0130:20180622034403j:image

(その時の写真。怒られたら消します。)

 

挫・人間のどういうとこが好きなのか、というと「クラスの隅っこで絵を描いてた俺たち」を否定しつつも最後には全肯定してくれる、というか全肯定してこうよ、というスタンスである。(勝手な解釈です)

 

「クラスの隅っこで絵を描いてた俺たち」は正直ダサい。

私もクラスの隅っこで銀魂とナルトの絵をずっと描いてた。めちゃくちゃダサいし陰気だ。

しかもそういう奴ってずっと陰気で、私もいまだにエヴァンゲリオンを全部見返しては考察スレを徘徊し空が白んでいく…みたいな日々を繰り返してる。

インスタやTwitterを見れば同級生が結婚したり、昔好きだった男の子が海外留学してたり、

でも「クラスの隅っこの俺」は今も「クラスの隅っこの俺」。

 

 

ゲームボーイズメモリー

 

『朝が来て眠れない

僕のこと追い越した君はまだ

ポケモン言えるかな』

 

この歌詞が本当に好き。

朝まで眠れなくなるほどの憂鬱、周りに追い越されていく感覚。

でも結局私は「まだポケモン言えるかな歌える自分」でいたい。

歌えなくなるぐらいだったら追い越されてもいいもんね、という強がりだけど、

歌えない自分には絶対なりたくない。みたいな。

 

f:id:kachokoo0130:20180622041346p:image

(ちなみにこの歌詞のところでアベさんが飲んでるレクサプロ、私も愛飲してる。おそろっち。)

 

なんというか、強がりも言えなくなったら終わりだと思う。

強がり、いいじゃん!という(勝手に解釈した)挫・人間のスタンス大好きだし、

ずっとこんな顔で強がり言える自分でありたいとも思う。

 

f:id:kachokoo0130:20180622053210g:plain

 

"下川最強伝説"

 

この曲は共感の嵐。

巷では、冒頭の歌詞からP-MODELの「美術館出会った人だろ」のアンサーソングなんて言われているが、これは私のアンサーソングだ。

 

『根暗は知性の証なんだっつうの』

『なんで俺だけいっつもトイレ掃除なんだ』

『漫画の俺はモテてモテぬくのに

 書けば書くほど虚しいなあ』

 

共感すぎる。下川さんは私の分身か?

共感しすぎてもう辛い。

 

f:id:kachokoo0130:20180622043701j:image

 

『でも最近J-POPを聴くと

涙が溢れて止まらないのは何故なんだ』

 

この歌詞を聴いた時、もう共感に次ぐ共感で頭がおかしくなっていたのか涙が出た。

ロックンロール!と叫んで金髪にしたり、ギター振り回したり、オーケンみたいなメイクしちゃったり。

でも結局私はJ-POPで共感できる人生が送れない劣等感を抱えてるだけなのだ。

これは全く馬鹿にしてる訳ではなく。

もっと卒業式でGReeeeNとか歌って泣いたり、西野カナみたいなちょっと面倒くさい彼女になりたかった。

そんな私の気持ちを代弁するかのような下川さんのこの表情、泣ける。

 

f:id:kachokoo0130:20180622044244j:image

 

 

他にも好きな曲がたくさんあって、「天国」や「天使と人工衛星」「もう四日もしてない」「Tee-poφwy」「そばにいられればいいのに」などなど…

大いに語りたいものが沢山あるが(特にTee-poφwyのエヴァ最終話感の話)、今日はとりあえずこの2曲で止めておく。

 

とにかく、私が言いたかったのは、

「クラスの隅っこの俺たち」を直視させ、辛さを共有し、最後には肯定してくれる挫・人間は、もはやカウンセリングであるということだ。

今日も読んでくれてありがとう。

 

追記:下川さんからお返事頂きました

f:id:kachokoo0130:20180627192633j:image

 

 

 

 

テレポート・ミュージック

テレポート・ミュージック

 
品がねえ 萎え

品がねえ 萎え

 
もょもと

もょもと

 
苺苺苺苺苺

苺苺苺苺苺

 
非現実派宣言

非現実派宣言