読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイリー・オールドマンとダニー・アイエロ

 

メンヘラは必ずと言っていいほどLEONを見て、マチルダのように振る舞い、この画像を何かしらのアイコンにする。

 

f:id:kachokoo0130:20170124025128j:image

 

かく言う私もメンヘラだが、LEONは通常版を見て拍子抜けし、

「というかマチルダ全然"愛か死よ"って言わねえじゃん」

と吐き捨て、感想も特に思い浮かばないぐらいであった。

 

しかし今回完全版を見て驚愕した。

通常版と全く解釈が変わるほど内容が違う!

大事な場面がカットされすぎている!

メンヘラが好きなシーンとても素敵!

(因みにメンヘラシーンの他に、マチルダが殺し屋の手伝いをするシーンや、一緒にレストランに行くシーン、マチルダがレオンを誘うシーンなんかも通常版にはなかった…はず)

 

そしてなんと言ってもゲイリー・オールドマン

 

f:id:kachokoo0130:20170124025720j:image

 

私が初めて彼を見たのがフィフス・エレメントだったせいか、彼の狂った演技がとても印象的で

今回もスタンという、麻薬取締捜査官でありながら、殺人に快楽を求め衝動的で興奮しやすいという

なんとも頭のおかしい役を見事演じきっている。

特に興奮剤かなにかを飲む描写は、本当に取り締まる側なのか疑う程の狂気。素敵!

 

LEONではこのスタンが悪者として扱われているが、実際のところ、本当に悪いのはダニー・アイエロ演じるトニーなのでは?と思う。

 

f:id:kachokoo0130:20170124030452j:image

 

レオンが彼にお金の話をしたとき、トニーは

「俺は銀行みたいなもんだ。いや、銀行なんかよりずっといい。なぜなら〜」

とペラペラ喋って、長年1人5千ドルで殺しを請け負っているレオンに千ドルぽっち(ぽっちではないが)を握らせて帰している。

その後マチルダがお金の助けを求めたときも、

「俺は銀行みたいなもんだ。いや、銀行なんかより〜」

と全く同じセリフをスラスラと喋り、今度はたった100ドルぽっち(今度は本当にぽっち)を握らせて帰している。

おじさん絶対レオンが稼いだ金独り占めしてるだろ。

 

そしてこのおじさん、絶対「俺は銀行みたいなもんだ。」おじさんである。

他にも雇っている殺し屋なんかが何人かいて、それらがお金の助けを求めたとき、この常套句が必ず出てくるのだろう。

レオンやマチルダは初めて聞いたセリフだったのだろうが、おじさんにとってはいつも言ってる口癖みたいなもので、

口癖になるほど言っているということは、つまり他の殺し屋たちの稼ぎも、おじさんの懐に入っているのだろう。

挙句、レオンの居場所を聞かれたときもあっさり白状している。

このおじさんに人情というものはないのか。

 

そして終盤には、実はスタンがおじさんを仲介してレオンに殺しを依頼してたことも判明し、

ますますこのおじさんが諸悪の根源説が濃厚になっている。

 

 

最終的にレオンは殺しの苦しみから解放され、マチルダは平穏を手に入れるための一歩を踏み出した。

エンディングまで全てがとても最高な映画だった。

が、私はおじさんにも死んで欲しかった。

おじさんが憎い。